2005/06/02

広い心 (トロントに到着)

SANY0086.jpg劇暑のラスベガスから涼しいトロントに到着。
なんか優しい人が多いような気がする。

自分の機嫌が良くなっただけかもしれないけど。
「自分の2m前を歩く人がデパートとかのドアを開いたまま押さえてくれる確立」を「HDP」(ホールディング・ドア・パーセンテージ)と呼んでるんだけど(勝手に)、
カナダ92%、アメリカ83%、日本14%
くらいだと思う。
GDPよりもずっと大事。


----
ポリネシアのことわざにこんなものがある。
「人を笑顔にするには、まず自分が笑顔になれ」
特にアジア人に馴染みがない国の人と友達になるには、多少冷たくされても心を広く持って笑顔で接し続けることが大切。

あとエストニアの言い伝えで
「楽しく生きている人は、食べ物の好き嫌いが少ない」
っていうのがある。
わけわからん料理でも現地の人がうまいうまいって食ってたら、なんかうまく感じてきちゃう。
あと、楽しい旅行中に食ったものはみんなうまく感じる。

僕はもともとミツバは大嫌いだったんだけど、アジア旅行でパクチーが好きになって、日本に帰ったらミツバも食えるようになってた。そんなもんだ。
これからも優しく広い心を持って生きていきたいと思う。
-------


「ポリネシアのことわざ」「エストニアの言い伝え」ってのは両方ウソだけど。

あと、写真はラスベガスのモールで食べた、ビーフシチューにラーメンが入ってるやつ。まずかった。