2005/12/28

日本語クイズブーム

mino最近多いですよね。漢字とかのクイズ。
あれ面白いかなあ。

なんか「正しい日本語」って言葉を聞くだけで、イラっとくる。
「れる」じゃなくて「られる」ですよ!とか。

「食べられる」だと受動態と間違えやすいから、
みんな無意識のうちに「食べれる」を使うようになってきてるわけで
僕なんかは、むしろ、言葉ってすごい!と感心してしまいます。

聖徳太子にとって徳川家康の言葉は超スラングなわけで、
徳川家康にとって今の国語教師の言葉は超スラングなんですから。

人間は「今の時代こそが最高! すべてが正しい」と思うようにできているわけで、
多少はしかたがないんですけどねえ。(これがないと自殺者続出する)

歴史の教科書を開いて、昔の人の行動をみると、頭悪いなあって思うじゃないですか。
火山の噴火を静めるために、生け贄として生きてる人を土に埋めたり。
アホか。

それと一緒で、今から100年後の人が歴史の教科書を開いて平成の歴史を見ると、「アホか」と思うわけです。
生徒、教科書見てつっこみまくり。

貴重な税金と時間を使って学校で漢字の書き順を教えてるし!
血液型とか占いとか信じてるし!
売れてもない歌手が紅白歌合戦に出て、衣装の派手さで勝負してるし。
ていうか歌合戦て。合戦て。

姓が"みの"で、名が"もんた"て。
「午後は○○、思いっきりテレビ」て。「午後はまるまる」て。
むしろ、みのもんたは生物の教科書に載ってそう。
[みのもんた]
哺乳類。
尋常ではない量の仕事を楽しそうにこなす。
黒い。