2006/05/18

E3

yakuzaE3で、ある日本メディアの通訳をしました。
ビルゲイツやらパリスヒルトンやら来てたらしいです。
2回目なのでいろいろ考えながらやる余裕がありました。大きなソフトメーカーの社長さんたちの取材がキャンセルになって残念。
ゲームとしては、ニンテンドーWii以外にはテンションの上がるゲームは見当たらず。

ソニーはゲームに限らず動きが遅すぎるんじゃないでしょうか。HDDプレイヤーにしろ、液晶テレビにしろ。MP3ウォークマンだって、いまだにカラー液晶のが出てないし。後発でも今はブランド力で売れてるけど、このままではそのうち見放されちゃうような気が。
時間と価値は連動している、っていう当たり前の概念が日本人(メーカー)には足りなすぎると思います。
学校教育でもこれを教えないとだめだと思う。

例えば、こんな問題。
今年20歳になったAさんは、節約のため1部100円の新聞を毎朝買わずに、捨てられている一日前の新聞を拾ってくることにしました。月3000円のインターネットも解約しました。この人は10年でいくらぶん得をしますか?
答え: 数億円の損。(タイムリーに情報を得ないことによる機会損失。効率的な情報伝達手段を失い、成長が止まることによる機会損失。)
つまり、エジソンが1日中割引クーポンのことばっかり考えて生きていたら、なんの発明もできないまま(人類の役に立てないまま)死んでいたってこと。
あと、貯金。10代はもちろん、20代で貯金したら、それは金を毎日ゴミ箱に捨てているのと同じ。年率10%くらいあったら別だけど。20歳の時にに使う100万円と60才で使う100万円では何十倍も価値が違う。
10歳くらいのときにこういうことを一言でも言ってくれる人がいたら、
もっと人生は変わってたのになあ。
30才近くになってから気づいてもなあ。
まあこれからいけるだけ行ってみますけど。

写真は『YAKUZA』のミニゲーム。
(たぶん新宿のオスロバッティングセンター)
右上の「振」の文字にテンションがあがりました。
日本語版でもこんな漢字の使い方してるのか?
ヤクザのステータスをすべて漢字1つであらわすゲームだったら面白い。
「痛」「痒」「恋」「泣」みたいに。