2013/11/23

プロジェクト完了!

無事、石巻でITを教えるプロジェクト完了しました!

ちなみに今回の企画をきっかけに一般社団法人ファンラーニングっていうのを設立して、代表理事に就任しました。

今後何するかは全く未定です!でも教育がらみでなんかしたい!

2013/05/29

e-gnite project 石巻


今年の7,8,9月に石巻に住んで、ITを教えるプロジェクトをします。
もう15年くらいフラフラしてたのでたまには人の役に立ちたいと思ったんです。

すでに石巻でヒヤリングしましたが、今のところこんな計画です。


  1. Yahoo Japan石巻さんなどのシェアスペースを使った初心者用タブレットやスマホ講座 (IT格差問題の改善)
  2. 仮設住宅団地をまわって、タブレットを使った楽しいイベント(実際仮設で話を聞きましたが、Word/Excel講座をやる雰囲気でもないです)。お年寄りの方や子供たちと、楽しく、楽器演奏アプリやら折り紙アプリやらカラオケアプリなどで、ITに触れよう的なイベント。
  3. 仮設団地自治会でのITサポート。自治会どうしメール等での連携が取れるとぐっと楽になるとのこと。
  4. 中級者(学生、主婦、商店主等)のサポート。教えると同時にそれぞれにあったe-learningサービス等を紹介して持続的な学習の手伝いをする。

ちなみに活動資金はアメリカのクラウドファンディングIndiegogoで募集してます(日本人も寄付できます)。会ったこともないドイツ人から熱いメッセージと10万円が送られてきたりして、涙腺が緩む日々が続いています。

僕は現実的なんで、たとえば3ヶ月で100人に教えたとしても、インパクトは大きくないことは承知しています。ただそこでの結果とノウハウを世界の教育関係者と共有することと、世界的なプロダクトを作っているITエンジニアの友人たちにフィードバックすることで、意味のあるプロジェクトになると考えています。

また、うまくいったら、第二弾は海外(東南アジアなど)で行うことも検討してます。

Indiegogoのキャンペーンページ

Facebookページ


アイディアやら手伝ってくれるかたは常に募集中です!

ウノケンからイシヅカへ。

いろいろ名前を変えてやってきましたが、 本名にします。検索しやすくカタカナで。

2012/04/28

ブルネイでニヤニヤ中



なんやかんやでブルネイのゲーセンでニヤニヤしています。

2012/04/26

ブルネイを徘徊中。



いろいろあってブルネイのショッピングセンターでぼーっとしてたら、邪悪な雲に覆われてきました。

2012/04/25

ブルネイ



いろいろあって、ブルネイのピザハットでチャーハンを食べています。

2011/04/11

絶賛、帰国中。

この前、タラゴナ観光局から

メッセージと、この画像が送られてきました!

logo Japon megumi1x
こんな時だからこそ、
いろんなところで、優道が繰り広げられて
いるようで、嬉しいです。

世界一優しい格闘技、優道とは
http://unoken.jp/yudo/

2011/01/19

神様にフェイント

IMG_1118

アジアを飛び回っていると思いきや、バンコクの安宿にひきこもって、Linuxのコマンドとか覚えてます。

神様びっくりだろうなー。
えー!このタイミングで、それ?」って。

(写真は炭火焼&寿司レストラン『スキシ』)

2011/01/04

蕎麦の惑星 (超短編小説)

2012年
健康ブームと蕎麦業界の思惑が一致し、季節をまたいで食べる「節越しそば」が誕生。
 
2016年
月をまたいで食べる「月越しそば」が誕生。
 
2022年
朝カレーに対抗すべく「日越しそば」が誕生。
 
2030年
時間の変わり目を祝う「時越しそば」が誕生。
 
2045年
ナノテクにより蕎麦成分を毎秒体内注入する「秒越しそば」が誕生。
 
2060年
別の星に移動しながら食べる「星越しそば」が誕生。
 ↓
 ↓
宇宙船が漂流し、謎の惑星に不時着。
 ↓
 ↓
荒れ果てた地に、灰色の生命体がうごめいている。
 ↓
 ↓
フィアンセが謎の生命体の餌食に!
 ↓
 ↓
「ウェディング越しそば...食べたかったな…」
 ↓
 ↓
「あやかー!」
 ↓
 ↓
顔を上げるヒロの前に、ボロボロになったスカイツリーが見える。
 ↓
 ↓
「ここは地球だったのか!」



●エピローグ
 
人類を蕎麦から救うべく、タイムマシンを作ったヒロ。
 ↓
 ↓
タイムトラベルに成功し、あやかとも再会。
 ↓
 ↓
人々に蕎麦の危険性を説く(特に秒越しそば)。
 ↓
 ↓
自分の作ったタイムマシンで、前の年に戻りながらそばを食べる「逆年越しそば」を思いつくヒロ。
 ↓
 ↓ 
さらに「逆世紀越しそば」「逆ミレニアム越しそば」、とエスカレート。
 ↓
 ↓ 
ついに生命の起源まで戻ってしまうヒロ。
 ↓
 ↓
ヒロの体内に残された蕎麦成分から、蕎麦度100%の生命体が誕生。




(著作権フリー) 

2011/01/03

明けました!本当に明けました!

IMG_1108[1]
タラゴナの後も、旅行を続けてます。

リスボン、ストックホルム、ロンドン、台北、ホーチミン、で今バンコクです。

(写真は、しゃぶしゃぶAND寿司食べ放題レストラン 『シャブシ』)

正月早々、道に落ちてたつみれを踏んでコケそうになりました。
どんな確率だ!

2010/12/23

大使、一般市民と交流。



バーでタラゴナ一般人と交流。

いろいろ話を聞くと、カスティーリャ(マドリッドなど)、カタルーニャ(バルセロナなど)の違いは思ったよりも大きいですね。戦争の歴史があって、言語も違う。

カタルーニャの人はだいたい両方の言語を話せるんですが、マドリッド人にスペイン語で道を聞かれたときに、わざとカタルーニャ語で答える人もいるとか。

サッカー好きでバルサ x レアルの試合とか見に行く人も、ちょっと歴史をかじっておいたほうがいいかも。

スコットランドのレンジャース x セルティックに似てる。

ちなみにこのビデオ、なんかやましい店の潜入取材みたいになってますが。。。ちがうんです!
タラゴナは健全な町なんです!

2010/12/06

大使、タラゴナの大学を見学

IMG_0119

タラゴナにあるロビラ・イ・ビルヒリ大学 (Universitat Rovira i Virgili) を見学してきました。

しかもホテルの前まで迎えに来ていただくという手厚い待遇!

かなりでかい公立大学で(タラゴナプロビンスに4つのキャンパス)、コースもいろいろあるんですが、医療系、メディア系などに力を入れています。

ちなみに日本人はおそらくゼロとのこと。

2010/12/05

大使、食い逃げ未遂。

IMG_0300タラゴナにあるカフェで1.3ユーロくらいのコーヒーを飲んで店を出たんですが、店員がワーワー言いながら追っかけてきました。

忘れ物でもしたかなと思ったら、まさかの払い忘れ。。。

ドトール的なところだったので、先に払った気分になってました。

笑って許してくれたけど、窃盗犯で警察に捕まったら大変なことになっていたはず!
大使、反省します!

2010/12/04

激安航空ライアンエアーがタラゴナに力を!

2-20-09-ryanair-planeRyanairっていうイギリスベースの激安航空会社があります。

ryanair_logo
(ちなみに新しいロゴはさらに安っぽさを増してます。新しいブランド戦略。。。)

そのライアンエアーがタラゴナすぐ近くのReusレウス空港をガンガン使うことが決まってます。(2011年5月下旬から)

ロンドン、フランクフルト、パリ、ミラノといったメジャー都市から数千円で行けるのです!
バルセロナに行きたい人もタラゴナに軽く寄ってから行くほうが、安く上がるかも!

さあ、行きたくなってきたでしょう!
さあ、タラゴナへ! さあ、目を閉じてー! 叫びましょう、タラゴーナ! (寝不足で変なテンション)

(追記: こういった会社が日本にも押し寄せてくるんだから、JALの生きる道は高級路線しかないと思うんだけどなー。もう芸者呼んだり、板前呼んだりして。ジャパン・エアラインってベタな名前を逆にとって。でも「コスト構造を改善しつつ高級路線」っていう目標は掲げづらいのかな)

ともかく、タラゴナへ! さあ、目を閉じてー! 叫び(以下略)

2010/12/02

大使、サッカーを観る

スペイン2部リーグで激しく降格争いを繰り広げているヒムナスティック・デ・タラゴナ(通称ナスティック)の試合を見に行きました。



IMG_0308ホームスタジアム、Nou Estadiまでは市の中心から車で10-15分くらいです。バスも出ています。

チケットは50、30、20ユーロです。ゴール側の20ユーロの席で見ましたが、空いていたので、場所を変えながら見ました。(自由席)

(公式ページは英語がないので、スケジュール等はESPNのページがおすすめです)

15000人くらい入るスタジアムに3000人もいない感じでしたが、試合はアツかったです(引き分け)。

前にいる子供たちがキーパーに向けてお菓子をひたすら投げているのがウけました(上の動画参照)

ここは大使として指導すべきか迷いましたが、グッと大使らしく我慢しました。

2010/11/28

大使、歓迎される。

とうとうタラゴナの観光局に行く時が来ました。

IMG_0161


 「お前、本当に来たのか!」とあきれられたらどうしようと思いながら、外で約束の時間を待ちました。




IMG_0161

約束の時間が過ぎました。





 IMG_0162

まあ、ここまで来て会えなかったら、それはそれで伝説になるな、と思い始めたそのとき!
オフィスの中で待っていたマリア・ホセさんが出てきました。

メールをやりとりしていた彼女と感動の出会い。

「ケンは時間にはきっちりしているから遅れるわけがないと信じていた」と初対面とは思えないコメント。 

IMG_0167

オフィス内へ。みんな笑顔で挨拶してくれました。


IMG_0164

タラゴナグッズでアピールしてくれたマリア・ホセさん。
水道橋だけ見て帰ってしまう日本人が多いのが不思議だそうです。
1日しかないならば、市内にある遺跡を見て回ったほうが絶対にいい!とのこと。


IMG_0168
僕のために市内の遺跡をめぐる特別ツアーを用意してくれました。
(写真はガイドのキンガさん)


今まで一人のためにガイドを付けたことはないそうです。
マリア・ホセさんが「ケンとは長いことやり取りしてて、いい人そうだから、なんとか!」とボスに無理にお願いして、手配してくれたそうです。
(ちなみにボスは出張中でした)

やっぱりノリの会う人とつながるのは楽しいなーと実感。

すごい嬉しかったんですが、ガイドにはたぶんお金を払ってるので、「タラゴナ市民の血税を僕のために!」と思った瞬間、ずっしりとプレッシャーが。。。

「No More TAISHI」のプラカードを持ったデモ行進とか起きなきゃいいけど。。。

(ツアーの内容は後日アップします)

2010/11/19

英語が通じざること風の如し! in タラゴナ



a194ee2b.jpg

朝食。
ハムチーズサンドを頼むのも一苦労。ハモン(ハムの意)!と連呼しました。

で、そのハモンはなぜか中華スープのダシみたいな味がして旨かった!

しかもレシートを見たら、BIKINIって書いてあった。商品名!?

今度「ビキニ!」って言って頼んでみようか。いや、国際問題になったら嫌だからやめておこう。